日産のエコカーといえば

日産のエコカー

自動車産業は、特に空気を汚すガソリンを少しでも抑えることで地球環境の改善に少しでも近づけるために、各社ともさまざまなエコカーを作り出しています。
それは、ハイブリットカー、電気自動車、燃費のよいエンジン自動車であったり、コンパクトカーであったりするわけです。
各社とも、それぞれさまざまな特徴をもっていますが、日産でもエコカーについては、他の自動車会社に対抗して、たゆまぬ取り組みを行っています。

 

日産では、エコカーは大きく分けて2つあります。
それらは、電気自動車と燃費向上したエンジン自動車です。
特に、燃費向上したエンジン自動車とは、いわゆるクリーンディーゼルやハイブリット等を差していて、エコカーをひとまとめにエンジン進化型エコカーと呼んでいます。

 

日産が目指しているのは、CO2削減に注目した自動車の開発を今後さらに積極的に推し進めてゆくこと。
つまり、次世代環境技術搭載のエンジン進化型エコカー、つまりこれらをPURE DRIVEと総称して、日夜その進歩を続けています。
車体には、PURE DRIVEと言う文字が貼り付けれらています。

 

豊富な日産のエコカー

エコカー減税の制度でますますエコカーを選ぶ人が増えています。
1月までまだまだ間に合いますから、ぜひこのオトクな時期に減税を利用して、好みの車種を選んでください。
各自動車会社でも、大変豊富なラインナップで選べるようになっています。

 

日産は、CO2ゼロを目指して、積極的にエコカーの企画販売に取り組んでいます。
減税は、免税100%、75%、そして50%の内容で、それぞれの車の条件が定まっています。
電気自動車、ミニバン/ワゴン、コンパクトカー、軽自動車、SUV、セダン、ビジネスカーとさまざまなシチュエーションによって、選ぶことができます。

 

 

電気自動車なら、日産リーフ。
ミニバンやワゴン車をお探しなら、エルグランド、セレナ、ラフェスタハイウエイスター、ウイングロード。
コンパクトカーなら、ジューク、ノート、キューブ、マーチ、ディズ、モコ。

 

スポーツ&スペシャルティ/SUVには、エクストレイル、ジューク、セダンには、シーマ、フーガハイブリット、ラティオ、スカイラインがあります。
ビジネスカーは、AD/ADエキスパート、NV350キャr版、NV200羽ネット、NT450アトラス、アトラスF24と、さまざまなニーズによって、ラインナップが豊富です。