マツダのエコカーについて

マツダのエコカー

エコカーの自動車減税が適用されることで、各自動車会社、
そしてその消費者とも、エコカーについて大変話題が盛り上がっています。
なにしろ、エコカーの新車を購入すると、今なら減税が適用されるので、
大変お得なお値段で買い求めることができるからです。
マツダも減税を対象としたエコカーのラインナップで、今話題を集めています。

 

その内容は、まずクリーンディーゼル乗用車、車両総重量が25トン以下のバスやトラックを指しますが、
自動車取得税と自動車重量税が免税100%となっています。
ガソリン車も、低排出ガス車として、車種によって自動車取得税と自動車重量税が免税100%だったり、
どちらも75%のものもあります。

 

具体的には、DEMIO、AXELA(クリーンディーゼル乗用車)、AXELA(ハイブリッド乗用車)、
ATENZA(クリーンディーゼル乗用車)、ATENZA(ガソリン車)、BIANTE、CX-5、CAROL、
FLAIR、WAGON CUSTOM STYLE、FLAIR CUSTOM STYLE、TITAN、FAMILIA VAN、
AXELA(ガソリン乗用車)、PRRMACYCX-%(ガソリン乗用車)となっています。

マツダのディーゼルエンジン

マツダのエコカーといえば、ディーゼルエンジン搭載車もそのひとつです。
このクリーンディーゼルエンジンは、排ガス規制に十分対応できるエコカーであり、
マツダの山内社長が「日本の第3のエコカーとして」と述べています。
ディーゼル車は、燃費のみならず、地球環境保護についても、エコカーとしてすぐれた性能を持っています。

 

しかも、値段は比較的リーズナブルであり、ハイブリッドのような感覚を味わいながら、
運転を楽しむことができるのが特徴です。
ただ、ディーゼル車のマーケットについては、欧米ほどのシェアがありませんが、
今後のマツダのビジネス展開しだいで伸びてゆく可能性もあります。
マツダのクリーンディーゼルCX-5は、減税と補助金対象車です。

 

クリーンディーゼルは、ポスト新長期規制をクリアして、しかも
次世代自動車振興センターで審査されて、その上承認を得た自動車ですので、
あなたが選ぶエコカーの選択に入れてみてください。

 

ただし、CX-5 でも、車種やグレード、車両重量によって、適用される内容は変わってきます。
購入前に、それらの条件をチェックしてみましょう。