スズキのエコカーについて

スズキのエコカー

環境にやさしいエコカーが今とても売れています。
エコカーが売れる理由は、乗り心地や環境にやさしいからだけではありません。
今、自動車取得税、自動車重量税、自動車税を優遇する制度ですので、新しい自動車を購入と本来かかる税金が減税されます。

 

自動車を購入するなら、今が一番買い時ですね。
どの自動車会社の車が好きか、どんなタイプの自動車が好みかは、人によっていろいろありますが、スズキでも減税対象車が豊富で、自動車取得税と自動車重量税100%、75%、50%のいずれかの減税、そして、自動車税が50%、25%の減税率で、対象車をピックアップしてください。
ALTO,EVERY, Lapin, Chocolat ,WagonR,Stingray,Spacia ,SpaciaCustom,MRWagon,Witと、どれも人気者のエコカーがランナップされています。
これらの対象車の中で、あなたのお気に入りどれでしょうか?

 

タイ工場

スズキはタイ工場で小型乗用車スイフトを製造しています。
タイでの工場建設は2012年からスタートしていて、タイ政府のエコカー認定モデルの製造して、タイ国内で販売するように計画が進んでいます。
また、タイ国内ばかりでなく、海外への輸出も行っていて、オーストらリア、インドネシアに完成した自動車本体を輸出しています。

 

スズキがタイの工場を始めたのは、もともとエーウインドを基本として、低燃費であり、低公害のエコカーを製造することで、優遇税制度をタイ政府が実施するためのモデルエコカーとして、開発が進んでいました。
いよいよ2014年から、タイ工場で生産したエコカーをタイ国内で販売がスタートするプランとなっています。

 

さらに、国内販売だけでなく、輸出も行う予定です。
また、スズキはつい最近オープンとなったタイ最大のモーターショーのタイランド・インターナショナル・モーターエキスポ2013で、エーウインドを展示する予定となっています。
このエーウィンドは、欧州で最も小型の乗用車のモデルとして発表します。