エコカー情報室

トヨタのエコカー

地球環境問題について世界中の産業にも大きな影響を与えてから時間も久しくたってしまいましたが、
トヨタのプリウスのようなハイブリットカーが出来てから、
他にもエコに向けて、自動車デザインもエコカーを登場させています。
例えば、AQUAは、次世代エコカーとして、紹介されています。

 

AQUAをはじめ、TOYOTA Fun-Vii、 FCV-R、FT-EVIII、4台ワールドプレミアモデルカーとして、
東京モーターショーで発表しています。
最近では、エコカー減税効果があってか、エコカーは今かなりの注目を浴びているのと、
買い時であることも一役買っているのでしょうか、
車を購入すると考えると、すぐにこれらの車が対象となることが、最近多くなっているようです。

 

プリウスをはじめ、エコカーは、環境対応者普及促進税制 適合車として、減税が対象となります。
ただし、減税は100%、75%、50%と車によって、異なりますので、
後にトラブルがないように、しっかり確かめて購入をしましょう。

 

トヨタのエコカーのラインナップ

エコカーの補助金を対象とするトヨタのエコカーは31モデルあります。
エコカー補助金のは、2011年12月30日から2013年1月31日までの間で
新車新規登録を行ったり、新車新規検査届けをしたのではあれば、
それらの自動車は対象となっています。
金額にして、登録車では10万円、軽自動車では7万円もセーブできますので、
絶対にやらないと損ですよね。

 

トヨタのエコカーで補助金の対象者は、IQ,、アクア、アルファード、アルファード(ハイブリット)、アリオン、ウィッシュ、ヴァンガード、ヴぇルファイア、ヴぇルファイア(ハイブリット)、ヴィッツ、ヴォクシー、オーリス、エスティマ、エスティマハイブリット、カローラアクシオ、カムリハイブリット、カローラフィールダー、カローラルミオン、ノア、パッソ、クラウンハイブリット、ハリアーハイブリッド、プリウス、プリウスα、プリウスPHV、ベルタ、マークXジオ、プレミオ、ラクティス、ピクしススペースとなります。

ホンダのエコカー

エコカー減税は、自動車会社各社のエコカーが対象ですが、ホンダでもハイブリット、
コンパクト、ミニバン、スポーツ/SUV、軽自動車も対象となっている車があります。
ホンダのエコカーをお探しの場合は、まずどの自動車が減税対象となっているのかをチェックしてみましょう。
自動車によって、100%免税されるところ、75%、50%と車種によっても、異なります。

 

ホンダのハイブリットカーでは、CRZ以外は、インサイト、インサイト・エクスクルーシブ、
フィットハイブリット、フィットシャトルハイブリット、フリードハイブリッド、フリードスパイクハイブリット
アコードハイブリットは、100%免税となります。

 

コンパクトは、フィット1.3Lは、エコカー減税は免税で、
自動車税減税については、50%軽減とされています。
他は、フィット1.5L,フィットシャトル、フリードスパイクは、取得税、重量税は各50%減税です。

 

ミニバンは、フリードは取得税、重量税は各50%減税、ステップワゴンおよび
ステップワゴンスパーダは、取得税と重量税は各75%減税と自動車税減税が50%軽減されます。
オデッセイは、取得税と重量税は50%軽減、そして、自動車税減税は、25%軽減となります。
スポーツ・SUVは、取得税と重量税は50%減税です。
その他、これらの車種であっても、タイプが異なると、その減税率も変化してゆきます。

 

ホンダのエコカーの種類

エコカーでまず頭に浮かぶのがトヨタのプリウスですが、最近ではさまざまな自動車会社で
環境にやさしい車への取り組みが注目されています。

 

ホンダでも、エコカーや軽自動車といったところが今の時代に先駆けて、
プリウスに対抗していますが、その中でホンダの新型インサイトは今話題を集めています。
インサイトは、ホンダのエコカーのうちで、最近特に注目をあびている車とされてきています。

 

さらに、エコカーとして主力である、シビックハイブリッド、コンパクトカーではフィットもかなり人気があります。
そして、ミニバンではステップワゴン、オデッセイやフリードといったとことが今売れ筋で、
その他にも、ホンダのエコカーはさまざまな種類で結構色とりどりの選択枠があります。

 

特に、今減税で注目されていますので、わりと選択枠が豊富なとことから選べるのがいいですね。
減税といっても、その減税率も自動車によって、タイプによっても変わりますので、よくチェックしてください。

 

 

 

車の保険

自動車保険、ムダに高く払っていませんか?
自分の車の保険が、他の保険会社と比べてどうなのか?分かりませんよね。
そういう場合は、一括見積もりで比較するのもいいですよ。